昆虫図鑑トノサマバッタ
HOME昆虫図鑑 ≫ トノサマバッタ
トノサマバッタ

トノサマバッタ


tonosama.jpg草むらの中に身を潜めるトノサマバッタ
トノサマバッタです。トノサマというだけあって、普通の小さいバッタと比べて大きく、8cmくらいの大きさです。体が緑のものと、全身茶色のものがいますが、これは全身茶色のトノサマバッタです。トノサマバッタは、近寄ると、バラバラバラバラ!とハネを羽ばたかせて一定の距離まで逃げていきます。長距離は飛べません。せいぜい5mくらいです。逃げられても、5m先の着地点にまで行ってよく見ると、その辺にじっとしていますが、また警戒されて飛んでいってしまいます。
子どもの頃は、この一定距離を飛ばれるのが楽しくって、学校から帰ると、家の外でトノサマバッタをずっと追いかけ回していましたね。 バッタは脚力も強く、おそらく飛び上がるときには足でジャンプしてからハネで飛ぶんでしょう。アスリートのようなももの筋肉をしています。 ちなみに、オスとメスとで2段ベッドみたいな状態で交尾しているのをたまに見ますが、この場合は追跡してはいけません。 追跡すると、日ごろの重さの2倍になっているので、うまくジャンプできず、変な回転をして同じ場所にずっこけるように落っこちて、なんだかかわいそうなので、そういった場合は見てみぬふりをしてスルーします。

 ちなみに、この写真を撮る際、バッタに逃げられないよう、息を潜めて近づき近づき・・・しゃがんで接写したんですが、ようやく撮れたと思って一息ついて立ち上がった瞬間!僕の1m横にキジのメスがいてビックリ!あっちもビックリ!した丸い目をしてました。驚いてズババババ!と羽ばたいて飛んでいってしまいました。遠くへ飛んでいくのを見ていましたが、おなかもお尻も丸かったです。残念。キジを撮ればよかった・・・・。



昆虫図鑑
草花図鑑
お問い合わせ 0835-23-3008 年中無休 9:00〜18:00 山口県防府市上右田329-2
新米ママの 子どもに食べさせたいお米 自然栽培 天神自然農園 0835-23-3008 年中無休 9:00〜18:00 山口県防府市上右田329-2

たくさん食べて大きくなることが僕の役割です。こども副店長


エコやまぐち100 化学農薬・化学肥料不使用

県内で生産される農産物のうち、化学農薬・化学肥料を全く使用しないで栽培された農産物を認証する山口独自の制度です。

エコやまぐち100 化学農薬・化学肥料不使用

エコファーマーに認定されています。エコファーマーとは都道府県知事が認定した農業者(認定農業者)の愛称です。

エコファーマー