美味しいご飯を食べよう!米の保存方法
HOME美味しいご飯を食べよう! ≫ 米の保存方法
米の保存方法

米の保存方法

お米は生き物。細胞が生きているので呼吸をします。

よい状態のお米を手に入れても、時間と共に劣化(酸化)していきます。

古米になってくると、ヌカ臭がしてきます。

せっかく手に入れた新鮮なお米。新鮮な状態で、なるべく長い間美味しく頂きたいものです。

保管は、玄米のまま、行います。なぜかというと、精米して白米にしてしまうと、一気に劣化が始まります。冬なら1ヶ月、夏なら2週間以内に食べましょう。

スーパーで買ったお米に味が無いのは、収穫後時間が経っていることと、特に白米にしてから時間が経っているから劣化しているんです。

収穫、つまり植物体から切り離されてから、呼吸が始まり、酸化(劣化)が始まります。いかにその呼吸を抑えるかが、鮮度を保つ鍵となります。その為には、

A.低温低湿度下に置いておく

農家では昔から収穫後のお米は蔵(くら)に保管されていました。

蔵の中はいつ入っても涼しく、薄暗く、また、壁が分厚い土でつくられているため、吸湿性があり湿度も上がりません。かといって、おうちに蔵なんかありませんよね。ですので、購入したお米は、家の中の「通気性がよく、日陰で、温度が低いところに置く」がよいでしょう。

 玄関や、床下などが良いでしょう。ただし、このお米には殺虫剤をやっていませんし、乾燥時もバーナーを使用していませんので虫の発生には気をつけ、たまに袋を開けてみてください。

B.吸湿性のあるものに入れる

米びつを用意してください。米びつでも、桐の箱が良いです。桐はタンスにも使われていますが、桐自身が吸湿性を持つ為、着物にもカビが生えにくいのです。

そして、お米でもプラスチック製の米びつに密封してしまうと、湿度が逃げないため、お米に有毒なカビが生えてしまい、食べれなくなってしまうことがあります。

竹炭など、湿度調節機能を持つものを数個お米の中に入れておくと、よりよいでしょう。

C.虫がわかないようにする

玄米の状態で保管するということは、ぬか層が表面を覆ったままでの保管になります。そうすると、何ヶ月もたつと、知らない虫がお米の中から出てくることがあります。

これは、外から飛んできてお米の中に入ってきたり、無農薬の為、お米に紛れ込んでいる虫も、中には存在します。そういった虫がいても、精米、もしくはお米を研ぐときに出て行ってしまいますが、やはり気持ちのいいもんではありませんよね。

そこで、米びつの中に虫を寄せ付けない方法があります。わさび成分やとうがらし成分を使います。

ホームセンターやインターネットなどで販売していますので、試してみてください。とうがらしをお米の中に入れても良いです。

可能なら、ビンやペットボトル等に小分けし、冷蔵庫のなかに入れておくのも手ですね。



昆虫図鑑
草花図鑑
お問い合わせ 0835-23-3008 年中無休 9:00〜18:00 山口県防府市上右田329-2
新米ママの 子どもに食べさせたいお米 自然栽培 天神自然農園 0835-23-3008 年中無休 9:00〜18:00 山口県防府市上右田329-2

たくさん食べて大きくなることが僕の役割です。こども副店長


エコやまぐち100 化学農薬・化学肥料不使用

県内で生産される農産物のうち、化学農薬・化学肥料を全く使用しないで栽培された農産物を認証する山口独自の制度です。

エコやまぐち100 化学農薬・化学肥料不使用

エコファーマーに認定されています。エコファーマーとは都道府県知事が認定した農業者(認定農業者)の愛称です。

エコファーマー